【本】お父さんが教える 13歳からの金融入門

お父さんが教える 13歳からの金融入門

お父さんが教える 13歳からの金融入門

子供向けにお金のしくみや投資について説明している本。

著者が自身の息子に経済を教えようとして冊子を作り始めたのがきっかけということで、読者は子供を想定している。文体や話の進め方は子供に言い聞かせるような感じだけれど、話している内容は金融初心者全体に向いているもので子供専用ではない。

はじめの章で「人は自分の収入内での生活しかできない」「いたずらに生活レベルをあげるな」「身の丈にあった生活をしろ」「貯金しろ」とかなりはっきりした言葉で警告しているのが面白かった。たしかに投資の話をする本読んだら「投資ってすごいなあ!有り金全部投資にいれよ!」ってなる人も居そうなので、初めに釘さしておくのは必要かもしれない。

はじめに話が終ると、いきなり株やらに入るのではなく前提話(通貨は国によって違うし、通貨の価値も異なるなどの基本的な話)が始まる。お金の稼ぎかかたの種類とか、生活とお金の関係を考えた作りになっている。

株や債権などの投資関連の章は、基本事項(多分)の他には著者が「知っておいたほうが良いと思う」ワードを解説している。体系だって網羅的に知る教科書的な感じてはないのだと思う(金融に関する知識は皆無なので判断不能)。
ビットコインなど最新の技術についても、今後の可能性を踏まえた上で紹介されていて、著者は物事を客観的に見る人なんだなあと頭の良さを感じる。

解説においては例え話というか例の挙げ方がうまく、複雑な仕組みの株取引についてもすごく細かく噛み砕いて説明されている。
引っかかる事無く読み進められるし、金融入門者なら13歳でなくとも得られるものが多い本だった。