【本】Oracle関連本3冊

なんとなく寄った本屋で衝動的に表紙買いしたOracle関連本の感想を書く。(技術書は表紙買いするものではないと思う)
自分はアプリケーション開発者寄りだがコーディングとしてSQLを書く機会はゼロで、たまに性能調査に使うデータを取得したりするだけなので、なんでOracleの本買ったんだ?って思いながら読んでいた。

Oracle SQLチューニング

パフォーマンス改善と事前対策に役立つ Oracle SQLチューニングSQLチューニング (DB SELECTION)

パフォーマンス改善と事前対策に役立つ Oracle SQLチューニングSQLチューニング (DB SELECTION)

 Oracleのパフォーマンス問題を解決するにはどうすればいいのか?に注目した本。コーディング、Oracleの設定、プロジェクト管理などOracle関連の幅広い分野を扱っていて、プロジェクトをマネジメントをする人向けな印象。
 浅く広く要点が纏めらてているが、それぞれの詳細はあまり掘り下げられない教科書的な本だった。

SQL実践入門

SQL実践入門──高速でわかりやすいクエリの書き方 (WEB+DB PRESS plus)

SQL実践入門──高速でわかりやすいクエリの書き方 (WEB+DB PRESS plus)

上記「Oracle SQLチューニング」のうちSQLコーディングにフォーカスし、SQLの書き方でパフォーマンスを減らすにはどうすればいいか解説されている。アプリケーション開発者向けだと思う。
私の中で説明めっちゃうまいマン認定されているミックさんの本なので説明がうまいです。今回読んだ3冊の中で断トツにわかりやすかった。
前程知識と具体的な例を用意してくれるので、SQLの基礎知識があればつまづかないと思う。ただし後半はちょっと進んだSQLの文法(ウィンドウ関数、サブクエリ等)知識がある前程に感じた。

Oracleの現場を効率化する100の技

Oracleの現場を効率化する100の技

Oracleの現場を効率化する100の技

タイトルどおり現場でOracle弄る人向けでしかない。
Oracleに積んであるっぽいツールの説明本。正直100個のTipsに分ける必要あったのか?感がある。
自分の知識レベルや仕事内容にほぼかすらなかったのでよしあしの判断不能!!!